第一回 JetBrainsユーザーグループに行ってきた

JetBrains User Group Japan

第一回 JetBrainsユーザーグループに行ってきた!

私はGrails/Groovyで空気読みすぎなIntelliJ IDEAを使っています。
仕事では完全にGrailsのために、プライベートでも主にGrailsとその他の言語のお勉強に使っていて、実はJavaではほとんど使っていなかったり。

@yusukeさんがMavenでの使い方を例に紹介していたので、Gradleで軽く試してみました。

GradleだとNew Projectからはプロジェクトを作れません。
build.gradleを用意してImport Projectするか、一旦JavaでNew Projectしておいてbuild.gradleを作ってJetGradleから追加する方法があります。今回はインポートする方法で。

途中、Gradleプロジェクトの設定をいくつかできますが、詳細は省略。

インポート直後の状態です。
build.gradleが赤い。自分がいけないのか、まだGradleのDSLに対応していないのか。

依存関係はJetGradle上で、build.gradleに書いた分だけコンテキストメニューからインポートしてあげる必要があります。

インポートするとExternal Librariesに追加されて、IDEAプロジェクト上から使えるようになります。

あと、targetCompatibilityとかを指定してもちゃんと認識してくれない。(GRADLE-2198)

Mavenのときのように、依存関係は自動的にIDEAプロジェクトのライブラリと連携して欲しいところ。
Spring Tool Suiteはbuild.gradleからよしなにしてくれるので、Gradleに関してはIDEAはこれから発展していってくれることに期待。

とか言ってすみません。

Kotlinは以前気になってちょっと触ってみたけど、その時はテスト周りがイマイチな感じがしていたので、今日話題に出てきたKUnitを試してみたい。

Xcodeは以前少しだけ触ったことがあるけど、フォーマッタを外部ツールとして定義してがんばった記憶が…。
補完バリバリ効くんだったらIDEAより安めだし、GUI周りはXcodeでコーディングはAppCodeがいいかなと思う。

主催の@yusukeさん、登壇者の方々、参加者の皆さまおつかれさまでした!
そして会場をご提供頂いたメディアテクノロジーラボさん、ありがとうございました。
第二回もぜひ参加したいです。

おまけ: 会場に青本が置いてあったので@nobeansさんが興奮した