Sublime Text 2上でGroovyスクリプトを実行する

最初Key Bindingsのexecで実現するのかと思っていたら全然見当違いだった。
どうやらSublimeにはビルドの機構があるようで、これに乗っかればいいみたい。

[Tools] -> [Build System] -> [New Build System…]から新たに下記の内容でファイルを作成する。

{
     "cmd": ["groovyclient","$file"],
     "path": "/usr/local/bin:/usr/bin:/bin",
     "selector": "source.groovy"
}
  • cmd
    GroovyServを指定
  • path
    適宜通しておく
  • selector
    これでビルドシステムの自動判定が有効になるみたい

保存先は~/Library/Application Support/Sublime Text 2/Packages/User/Groovy.sublime-buildとする。

⌘BでGroovyスクリプトが実行できるようになった。