rbenv + ruby-buildで共用のRubyをUbuntu 12.04にインストールする

Rubyのビルドに必要なAPTパッケージをインストールしておきます。

$ sudo aptitude install libncurses5-dev libgdbm-dev libffi-dev libreadline-dev

rbenvをインストールします。

$ cd /opt
$ sudo git clone https://github.com/sstephenson/rbenv.git
$ sudo chgrp -R adm rbenv
$ sudo chmod -R g rwxXs rbenv

Bashユーザー向けに/etc/profile.d/rbenv.shを作成します。
zshユーザーは各自下記の内容を~/.zshenvに追加する方向で。

export RBENV_ROOT="/opt/rbenv"
export PATH="$RBENV_ROOT/bin:$PATH"
eval "$(rbenv init -)"

一旦ログインし直して、上記の環境変数への設定が正しく行われているか確認しておきましょう。

ruby-buildプラグインを追加します。

$ mkdir -p $RBENV_ROOT/plugins
$ cd $RBENV_ROOT/plugins
$ git clone https://github.com/sstephenson/ruby-build.git

rbenv installでインストール可能なRubyの一覧が出力されます。

$ rbenv install

Rubyをインストールします。

$ rbenv install 1.9.3-p194
$ rbenv rehash
$ rbenv global 1.9.3-p194

無事インストールできました。

$ ruby -v
ruby 1.9.3p194 (2012-04-20 revision 35410) [x86_64-linux]